名刺のマナーについて説明します

名刺

名刺について

名刺のマナーについて説明します

ビジネスに欠かせない名刺は、渡し方などマナーがあります。
そのマナーについて説明します。
名刺を渡す際ですが、名前などの文字を指で隠さないようにして持ち、相手に差し出すようにしましょう。
また、受け取る際にも文字を隠さないように持って受け取るようにする必要があるので注意しましょう。
さらに、相手に対して両手で渡して、両手で受け取ることがマナーとなっています。
片手で受け取ってしまうと失礼になるので注意しましょう。
渡す順番は上司からとなるので、上司よりも先に渡してしまわないようにする必要があります。
相手からもらった名刺は、折り曲げるなどの行為は厳禁です。
名刺は相手の分身なので、大事に扱いましょう。
整理の方法ですが、裏に日付や相手の印象、紹介者などをメモしておくと役に立ちます。
また、悩む処分の時期ですが、お付き合いがない場合は3年程の保管で十分です。
それ以上保管していても、異動によって連絡先が異なっていたり、退職してしまっていたりします。